新一万円札の肖像として採用され、2021年2月から大河ドラマ「青天を衝け」がスタートした渋沢栄一氏は、東京都北区にある王子飛鳥山を愛して居を構え、生涯を終えました。

萬印堂は、その飛鳥山近くに本社・工場を構えており、この度、北区の観光振興に微力ながら貢献するため、渋沢栄一氏と北区をテーマにしたゲームを企画しました!

萬印堂の専門はあくまで製造ですので、ゲームデザイン・グラフィックデザインについては公募させていただき、以下の3作品を制作いたしました。 2/20(土)より順次、

ボードゲーム・カードゲームの販売所

渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館

ゲームマーケット2021春 萬印堂ブース(A25) などで販売いたします。

 

◎渋沢栄一と知恵比べ(販売価格:1,600円+税)

グッド・トイ2019受賞のカードゲーム「ワードスナイパー」の渋沢栄一版。
決まった「文字」から始まる「お題」に合った言葉を早く答える言葉遊びゲームで、ワイワイ遊びながら、渋沢栄一の豆知識も得られます。

〈原案〉   小川昌洋

〈企画・編集〉  ワードスナイパープロジェクト

〈アートワーク〉 スピカデザイン 大下修央


 箱の大きさ:ポーカーサイズ(99×71×24mm)

 

◎渋沢栄一とゆく、北区めぐり。(販売価格:2,500円+税)

「お、こんなところにも名所が?」
北区を愛した渋沢栄一とともに、隠れた観光スポットをめぐろう!
サイコロの代わりにカードを使う、ちょっとした戦略性が求められるすごろく。

〈ゲームデザイン〉  メリーアンドリューワークス ナカムラヤスユキ

〈アートワーク〉 久遠堂 ナカタヒサ


 箱の大きさ:A5サイズ(225×163×33mm)

 

◎栄!(販売価格:5,000円+税)

明治から昭和にかけて500を超える企業を興した偉大な起業家・渋沢栄一。
人材・資金・経験といった様々な要素に配慮しながら、渋沢栄一の起業を追体験できるボードゲーム。

〈ゲームデザイン〉  大納言製作所 Fumiyoshi

〈アートディレクション〉 別府さい

〈イラストレーション〉 別府さい/おいしいたにし/Midori Harada


 箱の大きさ:A4サイズ(310×226×33mm)