萬印堂に寄せられたお問い合わせの中からよくある質問とその回答を掲載しました。

見積り依頼

Q:発注前に見積りは必要ですか。

A:必須です。仕様や金額について、お客様と萬印堂との間で認識相違がないようにするためです。必ずオンライン見積りしていただいた上で、発注をお願いします。
なお、あらかじめ仕様や金額が確定している「試作パック」「小ロット応援パック」については、見積りなしで発注いただけます。

Q:「特別見積り」の依頼フォームの「印刷仕様」には何を記入すればよいですか。

A:パーツごとに、「1セットあたりの個数(枚数)」「サイズ・形状」「表面加工オプションの有無」「(カードの場合は)厚み」などを記入ください。
価格表ページに、萬印堂で取り扱っている「サイズ・形状」「表面加工オプション」「カードの厚み」などが記載されていますので、こちらを参照いただきながら記入ください。

 

Q:価格表に掲載されていないサイズや仕様のものも依頼できますか。

A:はい、特注サイズ・仕様の実績もたくさんありますので、お気軽にご相談ください。
ただし、特注の場合は、型代が発生したり、試作が必要になったりして高くなりがちですのでご注意ください。

具体的なイメージが固まっているものについては「オンライン見積り・発注システム」の「特別見積り」から、
固まっていないが、できるか確認したければ「無料相談会」や「その他お問い合わせフォーム」からご相談ください。

 

Q:見積り結果に早割が適用されていないのはなぜですか。

A:割引は請求書発行時に適用いたします。
これは、見積り時には早割適用を受けるつもりでも実際には入稿期日を過ぎてしまうなど、お見積りの段階では想定していないトラブルにより早割が適用できないことがあるためです。

Q:見積り後、仕様を変更することになりました。再度見積りの取得は必要ですか。

A:お見積り金額が変わる可能性がありますので、新しい仕様で再度見積り取得してください。
なお、軽微な変更(例:カード枚数を10枚⇒11枚に変更、セット数を100⇒110に変更)の場合は、見積りを取得し直さず、発注時の自由記入欄に変更内容を記入いただく、という形でもお受け可能です。
ただしこの場合、マイページの発注履歴には変更前の内容が記録されてしまいますので、次回再発注される際にはご注意ください。

小ロット応援パック

Q:小ロット応援パックで100セット製作可能ですか。

A:小ロット応援パックは50セット限定のサービスであるため制作部数の変更はできません。なお、再版するために、翌月以降に同じ作品で再度パックを利用頂くことは可能です。

Q:1セットのカード枚数が40枚なのですが、小ロット応援パック で印刷できますか。

A:小ロット応援パックは1セットあたり36枚までなので、印刷できません。
申し訳ありませんが、小ロット応援パックは仕様・上限枚数を統一することで極限まで価格を下げていますので、ご理解いただけると幸いです。

Q:1セットのカード枚数が20枚です。カード枚数が少ないことによる割引はありますか。

A:申し訳ありませんが、小ロット応援パックは極限まで価格を下げたサービスですので、割引適用対象ではございません。

Q:小ロット応援パックのテンプレートはダウンロードできますか。

A:こちらより一式をダウンロードいただけます。

Q:「ゲームマーケット前にパック商品をお休みする月もありますのでご注意ください。」とありますが、具体的に何月の納品分が受付できないのですか。

A:ゲームマーケットの開催日により変化します。トップページの「ゲームマーケット入稿受付状況」にてゲームマーケット前に都度ご案内しておりますので、そちらをご覧ください。

Q:パック商品で作った作品を増量して再版したいのですが、パック商品の時の色味と同じようにできますか?

A:パック商品では、低価格を実現するため、通常とは異なる極小ロット用のオンデ マンド印刷機を利用しています。
品質が大幅に低下するわけではないのですが、萬印堂が通常利用しているデジタル印刷機とは異なりますので、パック商品を利用せずに再版される場合には、どうしても色味が若干変わります。パック商品は、主に初めてゲーム制作される方へ向けて、なんとか低価格を実現している特別な商品ですので、その点はご理解いただけると幸いです。 色味が気になる場合は、再版依頼の際に校正紙(有料)を依頼されることをおすすめいたします。

早 割

Q:ゲームマーケットに参加しなくても早割適用できますか。

A:可能です。ゲームマーケットではない別のイベントに参加予定でも早割適用できます。

Q:早割の入稿期限が守れなかった場合、割引はどうなりますか。

A:早割Aの入稿期限に遅れてしまった場合、入稿日が早割Bの期限内であれば、早割Bに移行します。早割Bの入稿期限に遅れてしまった場合には早割の対象外になります。データの一部が遅くなったり、再入稿やデータの差し替えを行ったりすると、こちらに該当する場合がありますので特にお気を付けください。

データ制作

Q:萬印堂ではゲームデザインやアイテムのデザインは行っていますか。

A:申し訳ありませんが、萬印堂ではお客様のゲームをデザインしたり、アイテム等のデザインを行うサービスはしておりません。
なお、ゲームデザイナーさんやグラフィックデザイナーさんをご紹介することは可能ですが、ご希望のトーンのデザインができる方をご紹介できる可能性はあまり高くないので、極力ご自身で探されることをオススメいたします。

Q:ゲームの作り方がよくわかりません。

A:萬印堂の土曜相談会でゲーム制作のアドバイスを行っていますので、是非ご活用ください。
また、最近はインターネット上の情報も充実していますので、ご自身で検索してみてください。

 

Q:フォトショップやイラストレーターを使っていないのですが、大丈夫ですか。

A:Adobe社のIllustrator(Ai)かPhotoshop(PSD)での入稿をお願いしております。 なお、純正ではない無料ソフトなどで制作頂くことも可能ではありますが、不具合が発生するリスクがありますのでご注意ください。詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

Q:aiデータのリンクファイルを忘れてしまいました。大丈夫でしょうか?

A:はい、問題ありません。
当社では、「Illustrator」データは必ず「PDF 互換ファイルを作成」にチェックをして保存頂いています。
この形式ですと、「Illustrator」データの中に、最終的に保存した段階の印刷用PDFデータが形成されていますので、リンクされたファイルが同梱されていなくても、印刷することが可能です。

 

Q:印刷用データの作り方がわかりません。

A:こちらのページで解説しておりますので、ご確認ください。
不明点がありましたら、メールやお電話でのご相談もお受けしております。

 

Q:印刷可能な線の細さはどのくらいですか?
最小フォントは何ポイントくらいですか?

A:萬印堂では線の細さは、「0.1mm以上」を推奨しています。これ未満の細さの線の場合、一部がかすれたように見える可能性があります。
フォントについては、「7ポイント以上」を推奨しています。それ未満のサイズの場合、文字によっては線が太って隙間がつぶれてしまったり、細い線は途切れているように見えて読みにくくなる可能性があります。

 

発注・入稿

Q:複数のゲームをまとめて一つの注文でお願いしたいのですが。

A:見積り・発注は、必ず1作品ごとに行ってください。複数作品をまとめてしまうと、製造時の混乱の元になりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
また、再版頂く際に1作品だけでは再版割引を適用できなくなってしまいます。

 

Q:入稿データの準備方法がわかりません。

A:こちらのページで解説しておりますので、ご確認ください。
不明点がありましたら、メールやお電話でのご相談もお受けしております。

 

Q:USBメモリやDVD-ROM等のメディアで入稿できますか。

A:可能ですが、物理メディアは輸送時にメディアそのものが破損する可能性があるため推奨していません。どうしてもご希望の方は、お問い合わせください。

Q:アナログで描いた絵やイラストで入稿することはできますか。

A:アナログ原稿での入稿は原則お断りしています。ゲーム印刷の場合は原稿が多数になりやすいこと、またその原稿をデジタル化するための加工費が印刷用のデータ1つごとにかかることから考えても、あまり現実的ではありません。
どうしてもご希望の方は、お問い合わせください。

Q:入稿が完了したら印刷作業が始まりますか。

A:簡易チェック(必要なデータが揃っているか、などの形式チェック)、印刷前チェック(データに不備がないかのチェック)、を行ってから印刷を開始しますので、入稿いただいてから印刷開始まで若干の間隔があります(混み具合によって異なります)。

Q:入稿後にデータのミスに気付いたのですが、差し替え可能ですか。

A:可能ですが、萬印堂での作業の進行状況次第で追加費用が発生する可能性があります。詳しくはこちらをご確認ください。

 

Q:発注してから納品までにはどれくらいかかりますか?

A:通常、4週間程度かかります(仕様や数量によって異なります)。
また、ゲームマーケット前の繁忙期(開催日の1~3ヵ月前)は6~8週間程度かかることもあります。データの不備などでデザイン修正が必要になるケースも多いので、早めにご発注いただくことをオススメします。

Q:入稿データのうち一部を先行して入稿したり、遅れて入稿したりできますか。

A:パーツを分けての入稿(カードは早割A、データが間に合わなかったので箱は早割B、など)は混乱・トラブルに繋がる恐れがあるため、全てのデータが揃った段階でご入稿いただくようお願いします。

Q:表裏対応表とは何ですか。

A:表裏対応表とは、

  • パーツの表裏関係を一致させるため
  • 各パーツが何枚必要なのか認識するため
  • どちらが「オモテ」なのか認識するため(特にチップやボードなどの厚紙では、加工特性上、「オモテ」側のフチが丸みを帯びます)
に必要なものです。したがって、カード・チップ・ボードなどについては、サイズごとに必ずご用意ください。 化粧箱・キャラメル箱については表裏対応表は必要ありません。 詳細はこちらをご確認ください。

 

Q:キャンセルは可能ですか。

A:可能ですが、キャンセル料が発生します。 具体的には、キャンセルのご連絡を頂いた時点で発生している実費(データチェック作業代、用紙代、印刷代、加工代など)をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

請求書・入金・納品

Q:請求書はいつごろされますか。

A:完成予定日の2週間前を目安に、ご入金案内メールをお送りいたします。
なお、複数作品ご依頼いただいた場合でも、完成予定日は作品ごとに異なるため、ご入金案内メールは1通ずつ送付いたします。

Q:入金したのに品物が届きません。

A:お客様の入金を確認した後、すべてのアイテムが揃い次第発送しています。請求書は完成予定日まで余裕をもって発行されているため、ご入金から発送まで1~2週間のお時間がかかる場合がございます。

Q:「納品された数量」が「発注した数量」より多かったのですが、どういうことですか。

A:製造時に余りが発生したときは、予備としてサービスでお付けしております。販売時のサンプルなどとして適宜ご活用ください。
なお、製造の都合上、余りが発生しないこともあるので、必ずお付けできるものではありません。
また、パーツごとに余りの発生数は異なりますので、その点もご了承をお願いいたします。

Q:製品はどんな形で届きますか。

A:ご発注いただいた製品サイズに合わせた段ボールに詰めてお届けします。
「箱詰め」をご指定いただいた場合は、パーツが箱にセットされた状態で届きます。
「箱詰め」をご指定いただいていない場合は、パーツごとにまとめた状態で段ボールに詰めてお届けしますので、開梱してご自身で箱詰めしていってください。
なお、カードは1セットごとに帯留めした状態でお届けしますが、チップについてはシートに繋がった状態で届きますので、型抜きもご自身で行ってください。
※小ロット応援パック・試作パックのカードは、シートに繋がった状態でお届けします。

Q:配送会社の指定や曜日指定はできますか。

A:送料は全て弊社負担としておりますが、その代わり、配送会社については弊社が都度発送量に合わせて最適な配送会社を選択しているため、原則として、ご指定はいただけません。
どうしても必要な場合はご発注時にご相談ください(内容によっては、配送管理手数料を頂戴した上でお受けいたします)。

その他

Q:法律で義務付けされた総額表示(税込価格での表示)には対応していないんですか。

A:「価格表」ページに記載している各パーツの金額は

  • あくまでお見積り依頼いただく際のご参考として表示しており、個々のお客様に購入いただく際の「商品価格」ではないこと
  • パーツによっては単価が0.5円単位のものもあり、単体で税込価格を表示すると小数点第2位までの表示となって煩雑になること
から、従来通りの税抜価格を表示しておりますので、ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。